「鬼のお面」制作工程

DSC05664.jpg
1月20日(木)にエコネット上越で
「鬼のお面」を作るワークショップを実施します。

そのお面の制作工程を紹介します。

DSC05656.jpg
使用するのはダイソーで売っているバタークッキー。
まずパッケージをスキャンしてパソコンに取り込んで
厚紙にプリントアウトしたもので試作をします。

DSC05657.jpg
パッケージデザインに沿って適当に切り分けた部品を
鬼の顔に見えるように並べていきます。

DSC05658.jpg
ワークショップ用作品なので作りやすさを第一に考えます。
なので細かく切らない、複雑な折り方はしない、を意識して
部品を組み替えていきます。

※画面上部の黄色い部品は制作中の「鳥人間」です。
去年から中断したまま・・・

DSC05659.jpg
だいたい完成ですが余った部品をうまく使えないか考え中。

DSC05660.jpg
試作が完成しました!
これをもとに材料取りの図(展開図)をメモします。

DSC05663.jpg
実際のパッケージで制作します。
デザインが同じで色違いのパッケージを使用してます。
(青がバタークッキー、茶がチョコチップクッキー)

このときに試作で不満だった部分を修正しておきます。
折る位置や貼る位置をきっちり決めておきます。

DSC05665.jpg
お面の完成です。
あとは左右に穴をあけてひもを通してかぶれるようにします。

さて今から作り方説明書の制作に入ります。
今日はこの辺で
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

鬼、紐を通せばかぶれるということは実物は結構大きいんですね

私も今牛乳パックで作品(と言える程の物ではないですが)を制作中なんです(^_^)vでも牛乳パックが固くて思うように曲がってくれません

Re: タイトルなし

大きさは縦24センチ幅19センチほどあります。
牛乳パックはたしかに固そうですね。
カッターで少し切り溝をいれるといいかもしれません。

昨年の「空のおもちゃ箱」教室の「鬼の面」とは、一味違いますね!今回の方が、迫力あります! 

Re: タイトルなし

前回の鬼の面は商品自体がなくなってしまったので新しく作りました。
眉と鼻が前回より立体的になってます!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示