カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2011/01/28 (Fri) 16:49
「紗々Ⅱ」制作工程

   sasya-hako.jpg
3年ほど前に
ロッテの「紗々」というチョコレートの箱を使って
顔のオブジェ作品を作りました。

今回はそのリニューアル版の制作工程を紹介します。
DSC05727.jpg
まず箱を展開します。
前作の写真を見ながらどんな感じにするか考えます。

顔を真ん中に配置すること。
その周りをごちゃごちゃと囲って
全体的に縦長にする。などなど・・・・。

まぁ昆虫や乗り物と違って
どんなデザインになってもダメということはないので
細部は作りながら考えていくことにします。

DSC05733.jpg
まずは顔を作ります。
これまた適当に目・鼻・口の位置を決めます。

DSC05734.jpg
輪郭が男性っぽくなったので太めの眉をつけました。

DSC05735.jpg
髪の毛を「紗々」の文字で表現するのは前作と同じ。

DSC05736.jpg
主にチョコのイラスト部分で飾りつけていきます。

DSC05737.jpg
頭飾りが民族衣装っぽくなったので
そんなイメージで装飾を施していきます。
部品を差し替えながら全体のイメージを固めていきます。

DSC05738.jpg
材料が余らないように使い切ります。

紗々Ⅱ DSC05748.jpg
完成です。
裏面に貼る部品も文字が読めるように考えて配置します。

DSC05746.jpg DSC05747.jpg
横・下からのアングル。各パーツに高低差がつくように気をつけて貼ってます。

紗々 紗々Ⅱ
前作との比較。ごちゃごちゃ感がUPしました。
外枠の下半分はきっちり繋げたほうがまとまり良く見えたかも・・・・。
まぁ不満の残るところは次回に活かします。

以上「紗々Ⅱ」の制作工程でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 「チェルシー娘・習作」制作工程 | ホーム | 稲田クラフト教室の予定 >>

コメント

前作の紗々よりもにぎやかな雰囲気で確かに民族っぽいですね

後ろ側も文字が読めるようになっているんですか(◎□◎)!!
(私もパッケージクラフトをする時文字を切らないように努力するのですが、結局切れたり隠れたりする箇所が出てしまいます)

Re: タイトルなし

民族っぽい衣装とか文様とか好きなので作品に出てくるのかもしれません。

「文字がすべて読める状態で部品を組む」のは最初のうちは難しいですが
作っていくうちにだんだんコツをつかめるようになりますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム