「少年イソジン」制作工程

DSC05811.jpg
展示会のため人型作品をいろいろ作っていますが
今回はうがい薬の箱で少年を作ります。

このパッケージでは
カバの親子が仲良くうがいしているイラストのほかは
色味の少ないデザインになってます。
このイラストをシャツの柄にするイメージで制作を進めていきます。
DSC05762.jpg
いつも通りに顔から作ります。
目玉にガラスが入っている感じを出すため
接着に使っている木工用ボンドを盛っておきます。
画像ではまだ白いままですが、乾くと透明になりますよ。

DSC05764.jpg
パッケージデザインを見ながら適当に切り分けます。
この時点で頭と帽子ができてます。

DSC05765.jpg
帽子をかぶせた状態。
シャツも帽子も適当なシワをつけてみました。

DSC05766.jpg
仮組みしてバランスを見ます。
スケッチ段階では野球帽の予定でしたが
パッケージデザインがうまくはまらないのでやめました。

DSC05800.jpg
材料が不足気味なのでその影響がところどころに現れてます
特に足は後ろから見るとスカスカな感じに・・・・

DSC05802.jpg
材料不足を補うため帽子を分解することにしました。
ベルトもはずして小柄になりました。

DSC05803.jpg
指は平面で済ませてしまいました。

DSC05805.jpg
ベルトの部品は頭に装着!
残りあとわずか。

DSC05819.jpg DSC05820.jpg
完成です。
下半身がさびしかったのでいろいろくっつけてます。

DSC05822.jpg
顔がちょっとでかい気がする・・・。
いや目を見開きすぎたかも。

反省点は次回に活かす!ということで
以上制作工程でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

頭や肩の飾りが格好イイです服のシワと襟がリアルで「服」って感じがします人型だと色々アレンジ出来て面白そうです

Re: タイトルなし

制作の最後になると細かい部品が余るのでそれらを使っていろいろ飾るのが楽しいですe-257
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示