仮面WSの内容紹介


大阪の個展では仮面を飾りつけるワークショップをやりました。
今回が初めてで、機会があればいろんなところで実施する予定です。

今回はこのワークショップの工程を紹介します。

仮面ライン
まず厚紙にプリントされた型紙を組み立てて
仮面を作ります。

パーツは顔、鼻、唇に分かれていて
それぞれ折り目を入れて丸みをつけてから接着します。

DSC06209.jpg
顔の表情は何パターンか用意します。
ちなみに仮面はベネチアンマスクを参考にしてます。

飾りつける空き箱は何でもOKですが
できるだけ一箱で飾るようにします。

まぁ仮面のサイズが小さいので一箱でもかなり材料が余ります。
板チョコくらいの空き箱が適量です。

DSC06210.jpg
使えそうなデザインを見つけて切り取ります。
このときはあまり完成を創造しないで
箱にあるデザインをただ取り出すことだけを考えます。

サンプルとしてマスクの空き箱を使って制作してみます。

DSC06211.jpg
マスクのふち?のデザインが凝っていたので
それらを使って顔部分を飾ります。
目にかぶさる場合はそこのところを切りぬきます。

DSC06213.jpg
顔面を飾ったら周辺を飾ります。
部品を適当に配置して様子を見ながら貼りつけます。

使えなさそうな部品でも並べるとそれらしく見えますよ

こんな感じで完成させます。

細かく作り込めば結構見栄えのする作品になると思います。
皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

ではまた~


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示