カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

「家康の甲冑」制作工程・後編

DSC07266.jpg
前回からの続きです。

家康の鎧を組み立てていきます。

飾るための台(具足櫃)も同じ空き箱から作っています。

DSC07267.jpg
まず具足櫃(ぐそくびつ)に佩楯(はいだて)を飾ります。
箱の横にある部品の差し込み口で固定してます。

DSC07268.jpg
胴を飾ります。

DSC07269.jpg
籠手と咽喉輪(のどわ)を飾ります。

DSC07270.jpg
袖と面頬を飾ります。

DSC07271.jpg
前に臑当(すねあて)をおいて、兜を飾ると完成です!

DSC07273.jpg
顔部分のアップ。

DSC07264.jpg
手甲も鎧と同じやり方で作ったので
結構リアルに見えます。

DSC07272.jpg
兜が若干大きめなのと
飾るときの腕の位置をもうちょっと胴体よりにしたかったのが心残りですが
なかなか立派に仕上がったのではないかと思ってます

次回は「とちおとめ」の制作工程を紹介します。
お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 「とちおとめ」制作工程 | ホーム | 「家康の甲冑」制作工程・前編 >>


コメント

焦げ茶色の鎧の方が鎧らしくて本物よりかっこいいですね

ひげもパッケージで作ってあるんですね!!顔のアップが出るまで何かの紐か毛で作っているのかと思ってました。100%パッケージで出来てますね

Re: タイトルなし

パッケージの色がちょうどいい具合で助かりました。
すべてパッケージから作りだすのが難しいけどやりがいのある部分ですv-391

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム