カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2011/08/15 (Mon) 23:37
作品紹介「モンカフェお鷹ぽっぽ」

今回は久しぶりの作品紹介です。

DSC07549.jpg
ホームページでも紹介している「モンカフェお鷹ぽっぽ」をとりあげて
いろいろ解説します。

DSC07558.jpg
この作品は9年前に制作したもので
山形県米沢市の民芸品”笹野一刀彫”のお鷹ぽっぽ(写真右)を
モデルにしています。

DSC07557.jpg
笹野一刀彫はサルキリという刃物一本で木を削って作られます。

”削りかけ”という技法で木を薄く削り重ねていくことで
鳥の羽根をうまく表現しています。

以前山形に住んでいたときに
ワイヤーアート作家の中根さんと二人展をすることになり、
「開催地にちなんだ作品を作ろう!」ということで
中根さんはワイヤーで、
私はパッケージで笹野一刀彫を作ることにしたのが
きっかけです。

(中根さんのワイヤー製お鷹ぽっぽはこちらで見れますよ。)

DSC07548.jpg 
使用パッケージは片岡物産のレギュラーコーヒー。
お中元か何かで貰ったコーヒーのセットです。

DSC07555.jpg
羽根の削りかけ部分で大量に材料を使うことが予想できたので
大きめの箱をチョイスしました。

DSC07554.jpg
また羽根一枚一枚を実物の形で切り出したかったので
なるべく文字の入ってないパッケージデザインを選びました。
(画像は羽根部分を下から見上げたところ。)

DSC07556.jpg
作り方の説明です。
まず薄い紙を実物のお鷹ぽっぽにかぶせて面ごとに形をトレースします。
それをもとにパッケージから部品を切り出します。

画像を見ると分かりますが
鷹の部分の大きさ、フォルムが一緒なのはそういうわけです。

DSC07552.jpg
おなかのあたりは材料の大きさが足りず
若干小さめの鷹になりました。

DSC07553.jpg
羽根をいかに作るかがポイントだったので
実物をそばに置いて羽根の曲げ具合を確認しながら作っていきました。

DSC07550.jpg DSC07551.jpg
土台(柱)部分は鉈で削った感じを出すために
あえて折り目を入れて曲げています。

金色のゴージャスな感じが気に入っている作品です。

以上作品紹介でした

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 二人展、始まりました! | ホーム | 展示会図録 できました! >>

コメント

笹野一刀彫という民芸品があるのを初めて知りました(´∀`;)A

モンカフェお鷹ぽっぽの顔が民芸品のように凛々しくてカッコイイです(`・ω・´)金&青の色がゴージャスを醸し出してます

Re: タイトルなし

長野の「鳩車」という郷土玩具を空き箱で作ったこともあります。

民芸品(郷土玩具)を再現する作品は今後も作りたいと思ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム