バニラチョコの家(1)

忙しさにかまけて部屋の掃除をしていなかったら
ごちゃごちゃして収集つかなくなってきたので
気合い入れて部屋の片づけを始めました。

10日経過してまだ終わっていません・・・

資料の整理とか不用品の始末とか、ついでに模様替えもやったら
思いっきり時間がかかってしまいました。

でもおかげでかなりスッキリしました。今月中には終わらせるつもりでかんばるぞ~

それはさておき、久しぶりの制作工程の紹介です。

DSC08135.jpg
今回は
バニラ&チョコのアイス(エスキモー)のパッケージで
家を作ります。
DSC08144.jpg
まずどんな形の家にするか決めます。
左上のスケッチがパッケージデザインを見ながら考えたデザイン。
この段階でロゴを屋根に使うことを決めてます。

斜線から右側のスケッチは制作しながらメモした部分です。
この辺はまたあとで説明します。

DSC08136.jpg
ロゴを切りぬきます。
「パリッ」のギザギザ部分は残して切り取るようにしました。

DSC08138.jpg
残った部分を背面の壁にします。
文字を切らないようなライン取りをします。
箱のデザインが屋根の角度を決めています。

DSC08137.jpg
横の壁にあたる部分を切り取ります。

同じ大きさの部品が2枚必要なので
元箱の側面を利用して取り出しています。
なお壁の高さもパッケージデザインが決定しています。
この場合「文字を切らずにカットできる位置」が高さを決めています。

DSC08139.jpg
セロテープで仮組みした状態。
裏面部分を途中で折り曲げてそのまま床面にしています。

DSC08140.jpg
裏から見たショット。

DSC08144.jpg
この段階で家の中をどうするかを考えます。
屋根の上に空間を追加しようかとも思いましたがやめました。

結局2階をつけて壁に階段を設置することにしました。

DSC08141.jpg
ボンドで壁を貼りつける前に、窓や扉を先に開けておきます。
のりしろがないので、断面にボンドをつけて貼ります。

DSC08143.jpg
二階の床は元箱のもう一方の側面をそのまま利用します。
階段を通す部分を切り抜いておきます。

DSC08145.jpg
家の基礎部分ができました!

次回のブログで完成予定です。
お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示