明治の色違い作品

以前に明治のお菓子の空き箱で作る動物たち(色違い)を紹介しました。

またまた「同じ商品だけど味が違う」空き箱を使って
動物たちを作ってみました。


DSC08525.jpg
まずはプッカのひよこ。

一番右がノーマルタイプ。

右から塩バニラ味(青)。焼グリ味(茶)。すっぱいイチゴ味(赤)。

縁日で売っているカラーヒヨコみたいです

DSC08526.jpg
チップチョップのティラノザウルス<塩キャラメルバージョン>。

爬虫類っぽさがアップした感じでしょうか。

DSC08527.jpg
マカダミアパンダ<メルティーキッスバージョン>。

金色のゴージャスなパンダです

通常商品と箱のサイズが若干違うので
その都度修正しながら作成しました。

商品がなくならない限りいろんな色の作品が作れるので
お得感がありますよ~。

明治キッズおかしランドで作り方&ムービーを紹介してますので
ぜひご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

いろんな色のひよこが沢山いるとかわいいですね(^^)
金のパンダはプレミア感がありますv-290

やっぱり設計図があるものは応用が利きますよね・・・。私も設計図にする事を考えながら制作しないと・・・v-356

Re: No title

確かに型紙ができていると再制作が簡単にできて便利です。

図面は工程の一番最後に作ってますが、図面化しやすいように意識して材料を切り分けています。

例えば箱のカド(折り線)から切るとか、デザインの分かりやすい位置で切るとか、後から思い出しやすそうなところを選んでカットしています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)