「化けものまつり」制作工程(1)

bakemono03.jpg
7月19日から鶴岡アートフォーラムで作品展が始まりました!
(詳しくは鶴岡アートフォーラムHPをご覧ください。)

ご当地作品も展示会前日に完成しました。(いつもぎりぎりだ・・・
タイトルは「化けものまつり」。

●化けものまつり(鶴岡の天神祭)とは?

z_bakemono.jpg
老若男女の別なく、派手な花模様の長襦袢に角帯を締め、尻をからげ、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に徳利と杯を持ち、無言で酒を振る舞う習わしで、通称「化けものまつり」として広く知られています。化けもの姿で、3年間誰にも知られず天満宮にお参りができると、念願がかなうと言われています。<鶴岡市観光連盟HPより画像、テキスト抜粋>

鶴岡に住んでいる人ならだれでも知っている祭りなので
題材はこれに決定!

syounaibussann.jpg
次に庄内観光物産館で材料の調達です。
(ヤマガタウェイから画像いただきました。)

”派手な花模様”のパッケージデザインはありませんでしたが
それらしいデザインのお酒の箱を発見!

tameikitoiki.jpg
「大山 ため息といき」(加藤嘉八郎酒造株式会社)です。
サイズもちょうどいい感じです。

DSC06020.jpg
まずラフスケッチ。
扮装しているのはロボットという設定にしました。
人間になる願いをかなえるために3年間お参りを続けようとしています。

DSC06019.jpg
箱を切り分けます。
上半身から制作。

DSC06021.jpg
えりが重なりつつも文字が読める微妙な位置です。

DSC06023.jpg
草履と白足袋。
草履はまるまる一枚とれるほど広い部分が残ってなかったので
2枚のパーツを接いで使っています。

DSC06030.jpg
指は筒状の部品に切り込みを入れて関節にしています。

ちなみにここからは鶴岡市内のホテルで制作しています。
展示会初日の5日前です。

DSC06031.jpg
腕をテープで仮止めしてポーズの検討中。

次回に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示