制作工程~仮面(2)

仮面(1)の続きです。

○残りの材料をカット
kamen08.jpg
まだ切っていない材料を切っていきます。

一回目の型押しで作った部品が顔のどの位置にくるか見ながら
それらを接続するようなイメージで部品を作っていきます。
もちろん文字を切らないように、かつ左右対称のパーツができるように気をつけます。

○型押し
kamen09.jpg
前回と同じように水でぬらして型でかたちをとります。

○接着
kamen10.jpg
材料が乾いたら木工用ボンドで接着していきます。
元の顔型にあてがいながら貼っていきますが、型自体はきちんと左右対称になっていないので修正を加えつつ貼りあわせます。

○残り材料のチェック
kamen11.jpg
ほぼ完成の状態です。
右にあるのが余っている材料です。これらをさらに貼りつけて大体材料が尽きたところで完成となります。

kamen12.jpg
「小岩井マーガリン仮面」の完成です。
名前は「商品+題材」のパターンでつけてます。

kamen13.jpg
裏側です。
文字を隠さないように、そして表の部品をつなぐように貼ってある様子がわかると思います。

以上仮面の製作工程でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)