リーガルシープ制作工程(1)

そろそろ今年も残り少しとなりました。
年賀状のイラストに使うための干支作品を
今年も制作しましたので紹介します。

※これまでの干支作品の制作工程は以下からどうぞ。
2010年は
2011年は
2012年は
2013年は
2014年は

そして来年2015年は羊です。

リーガルシープ旧01

12年前にも羊をつくったのですが、
今見てみると・・・・適当すぎる!

リーガルシープ旧02
羊毛を取り外して、刈り取り後の姿にもなりますが、
・・・・やっぱり単純すぎる!

というわけで同じシーバスリーガルウィスキーの箱で
リニューアルすることにしました。

DSC07057.jpg
箱を展開します。

DSC07129.jpg
制作スケッチです。
羊毛が着脱可能なところは前回と一緒です。

DSC07058.jpg
ロゴ周りのデザイン部分を羊毛の部品にするので
最初に切り取っておきます。

DSC07059.jpg
頭から作ります。
ロゴの茶色の帯がカーブしているのでツノに見立てます。
何箇所かで折り重ねてカーブをきつくしています。

DSC07062.jpg
仮止めしてバランスを見ます。

DSC07063.jpg
デザインに沿って切り分けます。
交差してつながっている部分はそのまま胴体になります。

DSC07065.jpg
胴体と頭をくっつけます。

DSC07097.jpg
前足がつきます。

DSC07098.jpg
後足はももの形を意識して制作します。

DSC07099.jpg
後足を貼りつけます。
胴体内部に梁を入れて強度を増しています。

胴体がスカスカの状態ですが、いったんここで止めておきます。

次回に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)