「妙高山観音」制作工程

妙高山観音
新作紹介です。
去年の12月から今年1月にかけて開催された
展示会「妙高のかたち」に出品した作品です。


DSC07283.jpg
使用したのは上越市のお酒「妙高山」(妙高酒造株式会社)。
一升瓶が2本入るサイズです。

DSC07513.jpg
モデルにしたのは妙高市の関山神社にある観音菩薩です。(スケッチ左)
最終的には頭・腕など欠けている部分を再現して
いろいろ付け加えたオリジナルの観音菩薩になっています。

DSC07369.jpg
顔から作ります。
裏地の段ボール紙をはがして厚みを薄くして使います。

DSC07370.jpg
鼻と口は別パーツで貼りつけたもの。
横から見ても違和感のない立体的な顔にしました。

DSC07376.jpg
髪の毛は段ボール部分をつなげて表現してみました。
分割数をもっと多くすれば良かったかも。

DSC07375.jpg
下半身の着物部分。
左は折り線をつけてしわを表現したもの。

DSC07377.jpg
胴体の土台。

DSC07380.jpg
手の指を作ります。
直方体に折り目をつけて曲げた構造です。

DSC07381.jpg
腕に差しこみます。

DSC07378.jpg
足の指も同じように作ります。

DSC07379.jpg
裏地の段ボールは見えない部分を補強できて
なかなか使い勝手が良いです。

DSC07383.jpg
足幅を決めて固定します。

DSC07385.jpg
あたまに飾りを取りつけます。
額には「妙高酒造」のロゴ。

DSC07384.jpg
同じ大きさの三角を切りとって肩の部品にします。

DSC07394.jpg
円形の土台を作ります。
「妙」「高」「山」の文字を切りとって
蓮の花びらのように周りに貼りつけます。



DSC07397.jpg
胴体に腕を取りつけて
上手く玉をつかめるかバランスを見ます。

DSC07505.jpg
「妙高山観音菩薩」のできあがりです。
高さ53.5センチ、幅22センチ、奥行き17センチ。

DSC07508.jpg
光背は土台に差し込んでいます。

DSC07509.jpg
裏にも「妙高酒造」のロゴが見えます。

DSC07507.jpg
丸い飾り部分にはポンチを押し当てて
円形のくぼみをつけています。

DSC07511.jpg
宝珠(ほうじゅ)は挟んでいるだけで接着していません。
願いを何でもかなえる不思議な玉です。

DSC07510.jpg
分解した状態。
腕の角度調整のため取り外しできるようにしています。

DSC07512.jpg
余った材料。90%くらい使いました。
裏地をはがして使っていたので実質2倍の面積になりました。

観音シリーズは今後も制作予定です。
お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示