カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2015/09/10 (Thu) 16:54
萬鉄五郎「もたれて立つ人」ペーパークラフト

DSC08786_201509101448119aa.jpg
今回は10年前に作った萬鉄五郎作品のペーパークラフトを紹介します。

萬鉄五郎(よろず てつごろう)は、岩手県出身の大正時代の画家で、
日本の洋画界にフォービズムやキュビズムを導入した功績で知られています。

私がまだ山形にいたころ、萬鉄五郎記念美術館の学芸員の方から
萬作品を題材にした教育ツールの開発協力を依頼されました。


学芸員、作家、印刷関係の方々が10人ほど集まって打ち合わせをして
どのような内容、構成にするのかを話し合いました。

最終的にツールの名前が「萬鉄五郎の美作り箱(ビックリバコ)」に決まり、
自伝マンガ、美術館の仕事を学べるワークシート、自画像キューブパズルやシャドーボックス、
紙製の額縁、ペーパークラフトなど盛りだくさんの内容となりました。

その中で私は「萬作品の立体化」を担当することになりました。
特にお願いされたのは「もたれて立つ人」のペーパークラフト!

もたれて立つ人
1917年 二科展に出品された「もたれて立つ人」。
日本における最初のキュビズム的作品といわれています。

いろいろな角度から見た物の形を再構成して一つの画面に収めるのがキュビズムですが、
これをさらに立体化するという無茶な試みです。

どんな立体なのかは自分で想像して決めていますが
・正面から見たときは同じ構図になる
・横、後ろから見てもキュビズムっぽくする(凹凸を激しくつける)
この2点だけには気をつけて設計しました。

そして出来たのがこれです! 

DSC08782_20150910144805531.jpg
DSC08783.jpg
DSC08784.jpg
DSC08785_20150910144809f01.jpg

DSC08789_20150910144826d56.jpg
人物と台は接着してません。
人だけの後ろ姿はこんな感じです。
おしりがすごいことになってます。

DSC08788_2015091014482536e.jpg
A4用紙 3枚分です。
これが私にとっての(立体的な)ペーパークラフト初作品となりました。

見えない部分をあれこれ想像するのが楽しかったです。
この仕事で、他の人の描いた絵(イラスト)を立体化する面白さを知ることができました。
この経験がのちの「DMいじり作品」につながったりしてます。

次回はまた別の萬の立体作品を紹介します。
お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 萬鉄五郎「あかりと女」「冬の人物」ほか | ホーム | イオン工作教室作品「九尾の狐」 >>

コメント

三次元

お疲れさまです
見えないところまで
見えちゃうなんて
すごいなぁ~

Re: 三次元

お疲れ様です。

この作品の場合
見えないところは「見える」というよりは
「でっちあげた」という方が近いかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム