カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2015/12/11 (Fri) 22:42
「レミーマルタン馬頭観音菩薩」制作工程3

DSC09180.jpg
レミーマルタン馬頭観音菩薩の制作工程のラストです。
これは正面の顔の髻です。
馬と一体化しています。

DSC09214.jpg
剣を作ります。
刃の部分に文字が入るサイズにしたら
若干大きめになりました。

DSC09259.jpg
左から金斧、宝剣、輪宝、金剛棒。
斧の飾り部分は後で作り直して黒色にしました。

DSC09263.jpg
細かな材料が余っています。
これらは関節を埋めたり、細かな装飾をしたりして
なるべく使い切るようにします。

DSC09300.jpg
手に握らせた状態で接着します。
完全に乾くまではマスキングテープで固定します。

DSC09301.jpg
数珠を作ります。
筒状の部品を輪切りにして珠にします。

DSC09303.jpg
紙の紐に珠を通します。
手に握らせて接着します。

DSC09302.jpg
メインの腕をくっつけます。
角度の調整に時間がかかります。

DSC09260.jpg
胸の飾りです。
シャーペンの先を押し当てて丸い模様をつけています。

DSC09305.jpg
完成です。
最初のイメージより頭部が大きくなってしまいました。

DSC09307.jpg
高さ45cm・幅30cm・奥行き18cmです。

DSC09308.jpg
腕はすべて着脱式なので角度調整ができます。

DSC09309.jpg
背中のバーコードがポイントです。

DSC09314.jpg
持物のアップ。
輪宝(りんぽう)は仏の教え全てを象徴するモチーフとして使われます。

DSC09315.jpg
金剛棒(こんごうぼう)。
人々の悲しみを打ち破るとされています。

DSC09316.jpg
一般的な馬頭観音だと施無畏印(せむいいん)と呼ばれる印相を結んでいます。
ここでは指の形がちょっと違っています。、
この部分は観世音寺の馬頭観音を参考にしました。

DSC09311.jpg
金剛鉞斧(こんごうえつふ)。
仏道修行を害するものを取り除き、災難を避ける武器。

DSC09312.jpg
宝剣。
悪霊を除き、煩悩を断ち切るという武器。

DSC09313.jpg
念珠(ねんず)。
念誦による功徳を得る。

DSC09317.jpg
馬口印(まこういん)。
馬頭観音独特の印で、
両手の人差し指と薬指を曲げて
他の指を伸ばして手のひらを合わせます。

DSC09321.jpg
分解した状態です。
各パーツは差しこみ式です。

DSC09306.jpg
9月から制作を始めて、途中仕事で中断したりしましたが、
久しぶりに長い時間をかけて作った作品となりました。

いつもは手を抜きがちな細かな部分もしっかり作れて満足です。

あとは干支の猿が今年最後の作品となります。
また工程を紹介予定です。
お楽しみに~。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 「PEACE&LOVE-作品展9-」に参加しています | ホーム | 「レミーマルタン馬頭観音菩薩」制作工程2 >>

コメント

お疲れさまです
実際 見に行っても(本物)何を手に持っているか分からない事が多いです
高橋さん 説明入りで ありがとうございます
これからは お寺に行ったら もっと時間をかけて見るようにします

高橋さんの作品は 何処に展示されますか
どこで見ることができますか

Re: タイトルなし

私も本やネットで調べて形や意味を把握しました。
参考にした仏像も実物を見たかったです。

この作品は来年3月末に大阪で展示予定です。
細かく決まったらブログで紹介します。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム