「ワイルドターキー鏡餅」制作工程

DSC09515.jpg
3月に大阪で行う個展に向けて作品を制作中です。
和風の作品を中心に展示予定です。

今回新たに「鏡餅」を制作してみました。

DSC09513.jpg
使用したのはバーボンウィスキーの「ワイルドターキー」です。
製造元はケンタッキー州のオースティン・ニコルズ社。

DSC09482.jpg
鏡餅に適した洋酒の箱を探しました。
餅にあう色味であること、落ち着いたイメージであることが条件です。

DSC09483_2016012915052900a.jpg
パッケージデザインを見ながらイメージを固めます。
最初は餅部分に[WILD][TURKEY]のロゴが入る予定でした。

DSC09484_20160129150530a26.jpg
餅部分は厚紙で型を作って写しとる方法で制作してます。
文字を切らないように折る幅を計算して大きさを決めています。

DSC09499.jpg
餅と橙(だいだい)。

DSC09506.jpg
餅は二段重ねにして接着しました。
台に取りつけるためのタブをつけてます。

DSC09485_20160129150531b4f.jpg
三方(四角の台)を作ります。

DSC09489_20160129150533258.jpg
天面がつぎはぎですが、隠れる部分なのでこれで良し。
穴が3方向に開いているから「三方」という名前になったらしいです。

DSC09501_20160129150619769.jpg
裏白(うらじろ。シダの一種。)を作ります。
今回鏡餅を作るにあたって、この葉っぱの名前を初めて知りました。

歯のふちのカーブは丸刃の彫刻刃を使って切っています。

DSC09502_20160129150621468.jpg
半紙を作ります。
切れ端をつなぎ合わせて一枚の紙にします。

DSC09503.jpg
何とか正方形になりました。

DSC09507.jpg
各部品がそろいました。

DSC09508_201601291507209d1.jpg
まず半紙に裏白をセットします。

DSC09509_20160129150721ad8.jpg
スリットにあわせて餅を載せます。

DSC09510_20160129150723e11.jpg
三方に飾りの紙をセットします。

DSC09511.jpg
その上に半紙を載せます。

DSC09512.jpg
餅に紅白の御幣と橙、扇を差して完成です。

DSC09514.jpg
正面。
御幣の「8」がちょうど鏡餅みたいです。

DSC09516.jpg
側面。

DSC09518.jpg
文字を切らないように幅を調整するのが手間でした。

DSC09519.jpg
見づらいですが扇には「WILD TURKEY」の文字が書いてあります。

DSC09515.jpg
カッコよくも、ちょっとおかしみの漂う作品となりました。

以上ワイルドターキー鏡餅の制作工程でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです
すごい
すごい
3月
ART HOUSEですか


相撲取りの土俵入りも
リクエストするですよ

Re: タイトルなし

3月24日から4月4日まで開催します。
またブログで紹介します。

ただいま別の仕事で作品制作に追われているので
展示会までに土俵入りは難しいかも・・・。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示