カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2016/06/18 (Sat) 22:17
「G7パッケージクラフト作品⑥ビッグ・ベン」制作工程

06ビッグベン
イギリスの「ビッグ・ベン」の制作工程を紹介します。


イギリス・トワイニング
使用したのはイギリスの紅茶の箱です。
トワイニング イングリッシュブレックファストを20個です。

DSC09650.jpg
箱を開けて平らにするまでが一苦労でした。
今回使った商品の中では最ものりづけが多く、構造も複雑でした。
さらに紅茶の粉が内面に付着していたので、それを取り除く手間もありました。

DSC09745.jpg
裏面ののりの固まりは邪魔なので取り除きます。

DSC09746.jpg
表面に部品を貼りつけるときは、表面の紙を剥いでボンドをつきやすくしています。

DSC09651.jpg
切り分けた部品をコの字型の突起が並ぶように折り曲げてつなぎます。
同じ間隔で貼るのが意外と難しく、近くで見るとゆがんでる所もありますが
そのまま続行します。

DSC09652.jpg
塔の屋根は黒い部分を使用しています。
「塔と屋根の2色を表現できる」ことが箱を選ぶ基準になりました。

文字盤はどう作ろうか最後まで決まらず悩んでました。

問題点は
・文字盤の白色がパッケージにはない。
・文字盤の数字を一つ一つカットして作るのは手間がかかる。(12×4面=48個)
・カッターで輪の形状をうまく切れないので、ゆがんでしまい見栄えが悪くなる。

DSC09653.jpg
そこでとった方法は
1、印刷面を薄くはがして下地の白を文字盤に使う。
2、剥がす前にサークルカッターで円周状に切り込みを入れておく。
3、円周部分だけを残して剥がす。

文字盤
4、時計の文字はローマ数字なので、バーコード部分をそれらしく切って表現する。

ということで何とか見栄え良く作ることができました。

DSC09657.jpg
塔部分の完成です。

DSC09658.jpg
屋根の先端はマグネットで着脱できます。
三角屋根は逆さにして塔内部に収めることができます。

塔だけだと寂しいので議事堂の隣接している部分を追加制作します。

DSC09748.jpg
いきなりですが完成画像です。
とにかく締め切りが迫っていたので、撮影もろくにしてません。

DSC09749.jpg
反対側からのショット。

ビッグベン追加版 
組み合わせるとこのようになります。

この作品もアルファベットに変形します。
ビッグベン文字I
屋根と議事堂をはずして「I」になります・・・・。
まぁ、そのまんまですね。

次回はいよいよラスト!
ドイツのノイシュヴァンシュタイン城です。
お楽しみに~。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 「G7パッケージクラフト作品⑦ノイシュヴァンシュタイン城」制作工程 | ホーム | 「GLOCAL CAFE」にてワークショップ開催予定です >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム