カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

2016/12/16 (Fri) 20:57
「リーガルオンドリ」制作工程

DSC01397.jpg
来年の干支の「酉」作品が完成しました!
制作工程を紹介します。


DSC01189_20161216200736626.jpg
材料はシーバスリーガルウィスキーです。
干支作品はすべてこの箱を使って制作しています。

以前の作品はこちらからご覧ください。

DSC01379.jpg
鶏の資料を見ながらイメージを固めます。

材料が余るようならタマゴやヒヨコも制作するつもりでしたが
実際作ってみると材料不足だったので、断念しました。

DSC01190_2016121620073772f.jpg
まずは鶏冠(とさか)の赤い部分を切りだします。

DSC01191_20161216200739248.jpg
くちばしと目玉の部品。
目の中の赤い丸は
半円形の部品を二つ組み合わせて作っています。

DSC01192_201612162007400e2.jpg
顔をカッコ良く作れれば、残りも大体うまくいきます。

DSC01262.jpg
赤い色の材料が不足気味です。
足りないところは模様のかっこいい部分で埋めていきます。

DSC01264.jpg
頭と胴体と合体させました。

DSC01265.jpg
足を作ります。
細いので重ね貼りして強度をつけます。

DSC01267.jpg
爪は太めに作ります。あとで表面を装飾します。

DSC01268.jpg
デザインを活かしながら、ももを作ります。

DSC01269.jpg
左右の足は膝の少し角度を変えています。
胴体につけた時に爪が重ならないようにするためです。

DSC01270.jpg
細長い部品をつなげて尾羽にします。

DSC01307.jpg
丸みをつけて裏面にも部品を貼って補強しておきます。

DSC01381.jpg
完成です。
4つのパーツを組みあわせます。

DSC01382.jpg
羽根の裏側に足の付け根が位置します。
足は強力マグネットでくっつけます。

DSC01383.jpg
尾羽を胴体後部に差しこみます。しっかり自立してくれました。

DSC01384.jpg
正面からのショット。

DSC01387.jpg
爪には金色の部品で縞の飾りをつけてます。

DSC01386.jpg
細かな部品を組み合わせて顔にしています。
一番制作に時間をかけるのが顔です。

DSC01389.jpg
鶏冠にも厚みをつけています。

DSC01378.jpg
今回余った材料です。
もうちょっと材料があれば、隙間をふさいだりできたのですが・・・。

DSC01392.jpg
おんどりは英語でcock(コック)といいます。
でも「リーガルコック」だと分かりにくいと思って
名前は「リーガルオンドリ」にしました。

来年からの干支シリーズは違う箱で制作予定です。
お楽しみに~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 「山本海苔土偶」制作工程 | ホーム | 「怪盗パルムアーモンド」制作工程 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム