カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

制作工程(1)ネオソフトボーイ

展示期間中は会場で制作しながらお客さんを待ちます。
結構時間があるので作品制作もはかどるのですが
そんな状況で新作が完成しました。

制作工程を紹介します。
neosoft.jpg
材料は雪印ネオソフト。

DSC04691.jpg
今回は人型作品をつくろうと思ってましたが
とりあえず何も考えずデザインに沿って適当に切り分けます。

DSC04692.jpg
顔はパンに塗られたネオソフト部分を使用します。
DSC04693.jpg
口は切り込みを入れて千枚通しで透き間を広げて
表情を出します。
目はあらかじめ穴を空けておきます。目玉を別に作って台紙に貼っておきます。

DSC04694.jpg
鼻をつけて下唇を口の透き間に差し込みます。

DSC04696.jpg
パンの耳を写真の通りに切り取って
折り目をつけると髪の毛に早変わり!
風に髪がなびいているような感じになってます。

DSC04698.jpg
パンの耳がなくなったので
野菜を切り取って髪の毛の代わりにしてます。

DSC04699.jpg
次に体をつくります。
「青地にネオソフト」部分がやたらたくさんあるので
これらを輪にしてつないで胴体~足に使います。

DSC04700.jpg
頭を装着!
胸上部にパンを貼って肌に見せています。

DSC04701.jpg
途中から輪の径を小さくして足として続けています。
もも、膝の角度はその場で適当に決めます。

続きは制作工程(2)にて!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 制作工程(2)ネオソフトボーイ | ホーム | 二人展(2)展示作品紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム