試作「ピースインフィニティロボ」変更!

たばこの箱から簡単に作れるロボット開発の続きです。
前回の内容はこちら

DSC04864.jpg
第3のロボ。
1作目と2作目を足して2で割った感じのデザインです。

DSC04865.jpgDSC04866.jpg
足先が三角でちょっと頼りない感じになってます。
やはり1作目のデザインに近付けようか・・・。

などと思いつつ4作目にとりかかろうとしたら・・・
箱がない!?

よくよく段ボールを調べると
ピースインフィニティの箱は4つしか入っていませんでした。
そうと知ってたらもっと慎重に試作するんだった・・・・

DSC04905.jpg
ついでに大量のたばこの箱を分別しました。
眺めているだけでワクワクしますね~。
いくつあるかは数えてません。

しょうがないので計画を変更して
「どんな種類のたばこでも作れるロボット」
を目指します!

DSC04904.jpg
・・・1時間30分ほどで出来ちゃいました。
部品数も17個と少なく(仕切り板?部分は使ってません)、
制作時間も40分というお手軽さ。

DSC04906.jpgDSC04907.jpg
頭は四角だし、裏から見るとスカスカですが
超簡単ロボなのでこれで良し!

たいていのたばこの箱なら作れるように設計してます。
マイルドセブン、ピース、マルボロ、ラーク、
ラッキーストライク、クールなどのパッケージならOK。
ロングサイズでなく通常のケースです。

ケントのようにコーナーにカーブのついた箱は×。

近いうちに図面と作り方を紹介予定です。
お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 製作日誌 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)