「流氷カレー娘」制作工程(1)

11月に北見市で開催される展示会用の作品制作を続けています。

第2弾は「流氷カレー」のパッケージを使います。
hyuryo.jpg
北見市で販売しているレトルトカレーです。
ホタテ入りでなかなかのお味でした。

DSC04919.jpg
まずはパッケージを見ながらイラストを目安に
パーツをたくさん作ります。
この段階では何も考えずただ面白そうな形になるように
切っていくだけでOKです。

DSC04920.jpg
顔の下書き。
大まかにフリーハンドで描いたものを
定規で測って左右対称になるようにします。
目鼻の位置は毎回適当なので
思った通りに仕上がらないこともあります。

DSC04921.jpg
立体に組みます。
端切れ部分も一応とっておきます。

DSC04937.jpg
目玉を入れたあと、元の位置に並べた状態。
なんとなく青い部分が髪、白い部分が上半身に見えるので
そのイメージで制作開始!

DSC04940.jpg
髪の毛を装着。

DSC04942.jpg
腕の作り方を詳しく紹介します。
正方形に近い四角の材料があれば筒状に丸めて腕にできますが
適当な広さの材料がないときのやり方です。

貼りつけた後でもすべての文字が読める状態に仕上げるため
少々面倒なやり方で作成してます。
まずらせん状に巻きぐせをつけます。

DSC04943.jpg
真ん中からはがします。

DSC04944.jpg
裏側(デザインされてないほう)を隙間があかないように
巻きつけます。

DSC04945.jpg
最初に巻いた隙間をふさぐように
表側の材料にボンドをつけて巻きつけます。

DSC04946.jpg
左のような部品が出来上がります。
二つつなげると腕になります。

この方法のいいところは
のりしろ用に材料をやりくりしなくて済むことです。
もうちょっと工夫すればまっすぐな筒ではなく
腕の持つ複雑な立体感も表現できるかもしれません。

DSC04947.jpg
上半身を仮組みしたところです。

続きはまた今度


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:製作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

pocarirobo

Author:pocarirobo
おそらく日本で唯一のパッケージクラフト作家。
空き箱でいろいろ作ってます。
新潟県上越市在住。

●「パッケージクラフト」は一般社団法人日本パッケージクラフト協会の登録商標です


パッケージクラフトギャラリー「空のおもちゃ箱」
●時 間/13:00~17:30(冬季は~17:00)
●定休日/毎月第一日曜日、木曜、金曜
    ※展示会やイベントのため予告なしにお休みすることがあります。ご了承ください。
●住 所/〒944-0043 新潟県妙高市朝日町1-10-3 さん来夢あらい2階

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示